禁煙治療

禁煙治療

当院では禁煙治療を医療保険にて行っています。禁煙を希望される方は保険で禁煙治療を受けることができます。

タバコを吸っているとニコチンをはじめたくさんの有害物質を体内に取り込むことになります。その中でニコチンは禁断症状を起こす代表です。ニコチンは身体に入ると脳内まで入り込み、本来の神経細胞間での伝達物質に取り代わってしまします。すなわち、ニコチンに脳の伝達を乗っ取られてしまうわけです。
そこで、タバコが切れてくるとニコチンが入ってこなくなるので、神経伝達がうまくいかなくなり、イライラしたり、しんどくなったり、不快な症状つまり離脱症状が起き、それを元に戻そうとついついまたタバコを吸ってしまいます。なかなかタバコがやめられない理由です。
お解りのようにタバコを吸うと気分が良くなるというのは間違いで、タバコが切れると不快な状態となり、タバコを吸うとやっと元に戻るということです。

禁煙すると本来の神経伝達物質が復活しいつも爽快な状態を維持できるというわけです。といっても、急にタバコをやめると離脱症状が出現し、そのためなかなか止められないというのが実情です。そこで禁煙治療があります。禁煙治療を行うと約70%の人は成功されます。

禁煙治療は2種類あります。貼り薬(ニコチンパッチ)、もう一つが飲み薬(チャンピックス)です。チャンピックスの方が少し有効率は高く、車をあまり運転しない方、うつ病の既往のない方にはチャンピックスをお奨めしています。
チャンピックスは、はじめの一週間、徐々に薬の量を増やしていき、その間にたばこの本数も徐々に減らしていくので、取り組みやすいかもしれません。
ぜひ一度、当院に御相談下さい。